カウンター
                         =写真・文とも 尾道商業同窓会近畿支部 幹事長 吉本隆嘉氏よりの寄稿=
 秋晴れの天候に恵まれ暖かい日に“広島県関西同窓協議会”主催の京都・醍醐寺のもみじ散策に参加いたしました。
 初めての醍醐寺参拝でしたが、広大附属福山高校オリーブ会の岡崎格郎氏の解説で建物の由来がよくわかりました。
 秀吉が花見のために各地の寺や桜の木を移植したことなど大変詳しく解説いただきました。上醍醐には各地の宮大工が腕を競った五大堂・如意輪堂・開山堂なっどの建物があるそうです。山頂まで約1時間です。秀吉も寧々様も上られたそうです。健脚の方は是非登頂くいださいとのこでした(一見の価値あり)。
 
         当日参加者のみなさん                                    仁王山門

        
                     興味深い話を沢山紹介される岡崎格郎氏

 
             金 堂                                          金 堂

 
      五十塔                                    弁天池

    
                                   弁天池
                     
             
                                    弁天堂             
 醍醐三宝院には国宝の表書院や国の重要文化財が多く、快慶作の重要文化財“弥勒菩薩・襖絵・江戸時代の違い棚”や園内のしだれ桜など美しい庭園には“心”が安らぎました。
 来春には是非この“しだれ桜”見学に参拝したいと思わせる名所の一つです。紅葉はご覧の写真のごとく見頃でした。
  
  関同協会長の佐藤ご夫妻                         尾道商業近畿支部の方々    

 
          尾商の方々
 
             鐘 楼

 
                                                        不動堂

       
                                   祖師堂

 
                                         三宝院

        
                            清瀧宮本殿

 庭園

          宝物館前  
 ●当頁のトップへかえる  ●京都・奈良ありゃ〜の散策会のトップ頁に戻る  ●ひろしま同窓会ナビトップ頁へ

●当hp管理人へメール