前へ 戻る 次へ


直径1m近い2本の柱が天守閣を支えている。
この西大柱は昭和の大修理で新材に取り替えられたが、
東大柱は、地下部分だけ取り替えられ、それ以外は築城
当時のままだという。
前へ 戻る 次へ