戻る 次へ


 姫路城の大天守をスッポリ覆った素屋根の最上階(8階)は、大天守の屋根の修理状況が見学できる。この瓦を一旦羽がして朽ちている下地の材木を取り替え たり、割れている瓦などを新たに取り替え
 瓦の継ぎ目を「屋根目地漆喰」で塗り固める作業が行われる。
戻る 次へ