前へ 戻る 次へ


 8階の見学室から後ろを向けば、西の丸が眼下に広がります。画面中央に白い長い建物は、300mにも及ぶ百間廊下とも呼ばれ、この廊下に並ぶ
 10畳くらいの多くの部屋は千姫に使える侍女達が住んでいました。また千姫はこの廊下から男山(画面右端の山)に建てた天満宮を拝んでいたとい
 われています。
前へ 戻る 次へ