No71〜80  発行:関西同窓協議会 事務局 竹廣 
                              TEL/FAX 0742-47-8074 携帯090-4291-3261
                             
E-Mail:ma47tt88ml@kcn.jp
  関同協かわら版バックナンバー

  ●1〜10号(H18/12/8〜H19/3/5)
  ●11〜20号(H19/3/22〜H19/6/11)
  ●21〜30号(H19/6/23〜H19/7/24)
  ●31〜40号(H19/7/25〜H19/10/14)
  ●41〜50号(H19/10/26〜H19/12/30


●51〜60号(H20/1/2〜H20/5/28)
●61〜70号(H20/6/3〜H20/7/22)

  ●ひろしま同窓会ナビのトップ頁に戻る

◆◇◆関同協かわら版80号◆◇◆ 平成20年9月15日(月)発行
<ニュースその@>
◆近畿広島県人会のHPのレンタルサーバーへの引っ越しがあらかた終わりました。
 
引っ越し先は“さくらインターネット(大阪市中央区)”の3Gの容量へ
引っ越しいたしました。 
 
ドメインは http://hiro34.net です。
 
まだ各種設定中であります。特にアクセスカウンターの設定やサブドメインの拾得
ができておりません。
しかし、下記のアドレスで一応アクセスすることはできます。
 
    因島同窓会    http://hiro34.net/innoshima.htm
    尾商同窓会    http://hiro34.net/onoshou.htm
    広陵同窓会    http://hiro34.net/koryo.htm
    国泰寺鯉城    http://hiro34.net/kokutaiji.htm
    瀬戸内学園  http://hiro34.net/setouchi.htm
  修大会関西  http://hiro34.net/shudai.htm
  如水館近畿  http://hiro34.net/josuikan.htm
  世羅同窓会  http://hiro34.net/sera.htm
  広工京阪神  http://hiro34.net/kenkou.htm
    広大附属オリーブ http://hiro34.net/olive.htm
 
関同協関係は以上でありますが、いずれサブドメイン http://******.hiro34.net
(******部分が同窓会名になります)を収得してご案内いたします。
10月1日をもって完全ヴァージョンでスタートできる予定にしております。
但し、各プロバイダーの検索エンジンは早急に変更されるものではありませんので、
向こう1年間は、従来のアドレス(http://w2.to/momiji)からもアクセスできる
ページを設定してしおきます(引っ越し先のドメインの案内ページ)。
※hiro34の34は、広島県に付与されている番号です。北海道は1、青森県は2、
 東京都は13、大阪府は27といった様に、広島県の番号をドメインに組み込みました。
完全に移行出来ましたらまたご案内をいたします。
 
<ニュースそのA>
◆どこかで見たような顔が、asahi.comの広島版に掲載されていました。
 高校野球の広島大会のページをめくっていましたら、こんな所にまでこの顔が
 出てきたのには驚きました。
 この夏、2度にわたり新聞に掲載されました関同協会長の飯田邦夫氏の記事が
 asahi.comの広島版に掲載されていたのです。
 ま、下記のアドレスにアクセスして酒の肴にでもしてください。
 
 
<ニュースそのB>
◆因島出身の2人の作家がこの度出版されました。
 因島同窓会広島支部の小林章三副支部長よりメールを頂きました。
 ・湊かなえ著「告白」(第29回小説推理新人賞受賞) 双葉社 1470円
 ・道脇弘俊著「僕らは戦後の少年だった」 鳥影社 1575円
 近日中に広島人関係の書籍案内コーナーのページを設けて、このお二人の紹介を
 掲載したいと考えております。
 
※広島人が開催するイベントやコンサート・絵画・写真展・出版など、ご一報頂けば、
 hpで紹介いたします。
 よろしく・・・・・
 

◆◇◆関同協かわら版79号◆◇◆ 平成20年8月18日(月)発行

第90回全国高校野球選手権大会 
 今年も熱い甲子園の夏が終わりました。それにしても大阪桐蔭はよく打ちましたが、
 常葉菊川は気の毒でありました。投手の球に威力はなく、まるでバッティング練習
 をしているような感じで、これじゃフェアじゃない。連日の連投で精も根も使い果
 たして決勝戦に臨んだのでしょう。
 できるならまず3位決定戦を行って1日か2日おいて決勝戦を行うべきではないで
 しょうか。両者互角の決勝戦を期待しております。
 関同協のみなさん、広陵は2回戦で敗退しまいたが、来春の選抜で広島勢に期待し
 ましょう。
  広陵の甲子園の模様は、下記のアドレスでご覧になれます。
 
 
 
関同協の会長飯田邦夫氏の新聞記事が2件も掲載されました。
 まず8月7日(木)朝日新聞夕刊1面に(1面ですぞ、イチメン・・・)、
 そして8月13日(水)毎日新聞朝刊の社会面に・・・・
 昨年もそうでしたが、夏の甲子園の季節になると格好の新聞ネタのターゲット
 にされているようで・・・・
 飯田会長は、広陵の選手が宿泊している「ホテルオークス大阪」に常駐している
 新聞記者と顔なじみになり、何気なく交わしている会話の中からこのような新聞
 記事のネタを見つけているらしいのであります。
 特に12日の横浜戦では、毎日新聞の二人の記者につかまり、アルプススタンドの
  片隅で応援はそっちのけで長時間にわたって根掘り葉堀り取材を受けておりました。
 来年は、飯田さんはどのような記事を提供して呉れるのでしょうか。楽しみであります。
 飯田さんの新聞記事の紹介は、「話題の広島県人」のサイトに紹介してあります。
 下記のアドレスにアクセスしてご覧下さい。
 
 

※近畿広島県人会のHPの容量は、もうぎりぎりであります。
 292MB、103サイトという規模です。よって「5分間の広島観光旅行」は、
 一時休止いたしました。
 甲子園の紹介ページで書込は一段落しましたので、早速レンタルサーバーへの移行を
 検討いたします。
 しばらくは、当HPへの書込・更新はいたしませんのでご了承ください。
 

◆◇◆関同協かわら版78号◆◇◆ 平成20年8月13日(水)発行

第90回全国高校野球選手権大会 広島県代表 広陵高校野球部 7対4で涙を飲む。
 
 昨日の広陵高校対横浜高校の対戦によって、広島県民の暑い甲子園の夏が終わりました。
 この猛暑のなかアルプススタンドで応援下さった県人会、関同協の皆さんに
 広陵同窓会近畿支部の飯田支部長に成り代わりまして厚く御礼申し上げます。
 それにしても広陵はよく戦いました。
 特に広島大会においては、負けそうでヒヤヒヤした試合がいくつかありました。
 特に、総合技術との決勝戦は忘れることができません。9対2で7点リードされていた試合を
 ひっくり返したのでありますから、驚きました。
 昨日の試合で先頭打者の上本君が放ちました本塁打は、お兄さんも第85回大会の
 東海大甲府戦で先頭打者で本塁打を放っていますから兄弟で先頭打者本塁打の記録を作った
 ことになります(産経新聞より)。なにかDNAの血統を信じさせられものがあります。
 さて、次に熱くさせるものは年末の高校駅伝と高校ラグビーです。たのしみです。
 
飯田邦夫広陵同窓会近畿支部長の取材記事が朝日新聞夕刊(8月7日)の一面
 に
掲載されました。
 
 朝日新聞の夕刊の1面にですよ・・・・朝日新聞は他に掲載する記事がなかったのとちゃうか
 と本人は言っておりますが(うん、オレもそう思うよ、と思わず相づちを打ってしまいましたが・・・)
 早速朝日新聞に了解をとって「話題の広島県人」のページに掲載する予定にしております。
 おたのしみに・・・・ 
 
関西同窓協議会各校表紙のページのリニューアルを行っています。
 現在のところ因島高校(新規開設)、尾道高校、如水館高校、世羅高校、瀬戸内学園、広陵高校と
 リニューアルを進めて来ましたが、広陵の甲子園のページを作成次第、レンタルサーバー契約へと
 準備を進めて参ります。まだリニューアルすべき同窓会がありますがそれはおいおい暇をみて
 取り組んで行こうと思っています。
 本日(8月13日現在)285MB、102サイトに達しております。
 広陵の甲子園の模様をまとめますと、恐らく290MBくらいになると予測されます。
 容量はあと僅かしかありません。
 早急にレンタルサーバーへの移行に着手いたします。
 なんやかやとやっていると恐らく今年いっぱい、明けても暮れても当HPに取り組むことに
 なりそうです。
 皆様のご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。 
 
各校総会・懇親会の開催日程をご連絡願います。
 「行事予定及び予告」のペ−ジを設けました。
 これまでは各校それぞれに予告のページを設けていましたが、これをとりやめ県人会・関同協
 とも1ページにまとめました。
 このページを開けば、県人会・関同協それぞれの活動予定が一覧できますので、県人会全体を
 把握することができます。
 よって行事予定が決まっていることについては、このページに書込ますので当方までご連絡
 ください。よろしく・・・・・
  

◆◇◆関同協かわら版77号◆◇◆ 平成20年8月8日(金)発行

第90回全国高校野球選手権大会 広島県代表 広陵高校野球部
 
 ◆昨日の対高知高校との対戦は、応援している者にとってはいつ逆転されるか
  一抹の不安を持ちながらの応援観戦でありました。
  4回表に5点とった時、これでもう大丈夫だ。と誰しもそう思ったものでありましたが、
  6回の裏、広陵の中田投手の調子がチョットおかしい。四球を出しては後続の打者に
  長打、また四球を出して代打の打者にライトにヒット、そして9番打者、これもライト
  にヒットされて結局3点与えてしもうた。
  しかし5対3で広陵はまだ2点のリード。なんとか逃げ切って欲しい、と1塁側広陵の
  応援スタンド。
  7回の裏の途中から広陵は中田投手(1塁に後退)から前田投手に、これまた四球と
  連続の2塁打で2点入れられて同点の5対5。
 
  これはヤバイぞ、わしゃ知らんぞ・・・・・。広陵の前田大丈夫か・・・・。
  8回の表、広陵の攻撃。四球で出塁した有本を1塁に置いて、中田がライト深くヒット、
  これでまず1点。続く二人の打者が四球を選んで出塁し満塁。
  トップバッターの有本、ライトに頭上超えのヒットを打って2者生還。
  この回3点の得点でなんとか広陵3点のリード。
  8対5で9回を迎えるが、1塁側も3塁側の応援席はあらん限りの声を上げて必死の
  応援合戦。もう無我の境地で恍惚状態。
  9回の裏、左翼に高く打ち上げられた打球を松本がクラブに収めて、ゲームセット。
  ヤレヤレ・・・・・ホントに胃が痛む応援でありました。
  試合後近くのダイエーの3階の飲食サービスコーナーで飲んだ生ビールのうまかたこと。
  思い返してみると広陵は広島大会でも、このようなハラハラする試合を勝ち抜いて
  甲子園に来たのでありました。試合はおもしろいのでありますが、胃腸障害を起こさない
  程度で勝利して貰いたいものであります。
  今年の広陵は果たして強いのか弱いのか・・・・
 
  次回の2戦目は12日(火)2試合目で正午12時から横浜高校との対戦であります。
  12日も昨日同様、1塁側アルプススタンドでの応援となります。
  今年の甲子園は、熱中症対策と急激に襲ってくる雷雨対策が必要なようですあります。
 
  それでは12日11時頃、甲子園でお会いしましょう。お待ちしております。
 

◆◇◆関同協かわら版76号◆◇◆ 平成20年8月6日(水)発行

第90回全国高校野球選手権大会 広島県代表 広陵高校野球部
 
 本日(6日)の大阪桐蔭(北大阪)−日田林工(大分)の試合が雨で中止となり、
 明日(7日)にずれ込みました。
 よって広陵−高知の試合は13時30分からとなりました。
 12時30分までにいつもの場所(阪神高速の下の広場)に集合ください。
 よろしく・・・・
  

◆◇◆関同協かわら版75号◆◇◆ 平成20年8月5日(火)発行

第90回全国高校野球選手権大会 広島県代表 広陵高校野球部
 
 いよいよ広陵高校と高知高校が対戦します。
 7日(木)午前11時〜 第2試合目です。朝10時頃から阪神高速の下の広場で
 1塁側アルプススタンドの入場券を配布いたします。県人会の旗を2、3名の方が
 もっておりますのでそこにお集まりください。
 万全の熱中症対策をして、応援いたしましょう。
 また、試合終了後(勝敗関係なく)近くのダイエーの3階の飲食サービスコーナーで
 反省会を開きます。会費2,000円位です。ぜひご参加ください。
 
県人会「ご入会申込書」送信テストのお願い!
 
 県人会のhp表紙の左側欄に「ご入会手続きはこちら」というボタンが設置してあります。
 そのボタンをクリックすれば、記入用の入会申込書が表示されます。
    1.ご氏名の後に“テスト”と入力ください。
    2.性別、生年月日(適当でよろしい)を入力し
    3.住所欄に、ご使用のPCのOSを記入して[送信]ボタンを押してください。
 
※この「入会申込書」に取り組んで1週間が過ぎました。なかなかうまく作動しないので
 あります。どうやらWebプラウザ(該当プログラムの照合)とメールソフトの連携が
 正しく作動しないためと思われます(特にXPでは)。
 それならCGI(グラフィックイメージの画像)で作成しろ、とマニュアルに書いてあります。
 これがまた難解でやたらとエラー表示となります。
 外部のアンケートソフトの使用も考えておりますが、高額の経費がかかるようです。
 ま、とにかく皆さんからのテスト送信を見た上で対策を考えます。
 どうかご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
  

◆◇◆関同協かわら版74号◆◇◆ 平成20年7月30日(水)発行

■第90回全国高校野球選手権大会 広島県代表 広陵高校野球部
    昨日(29日)午後1時15分“のぞみ84号”で、広陵高校野球部一行が
    新大阪駅に着きました。
    近畿広島県人会から藤岡幹事長を始め数名に関西同窓協議会から尾商、国泰寺、
    如水館、瀬戸内、崇徳、広島工業、広大附属など7校から10名が、それに広陵の
    選手で大阪出身の家族達10数名。総勢40名近い人たちが出迎えに新大阪駅に
    集まりました。
    中井監督以下20数名の選手と共に、この春着任された田中清峰新理事長に
    おなじくこの春着任された上高原悟新学校長も同行され、大阪地区の広島人
    の皆さんのご声援ご協力を頂き、昨年、甲子園で失した忘れ物(優勝を逃した)を
    ぜひ持ち帰りたい、と上高原学校長の熱い挨拶をされました。
    激励会終了後、近くの“ニューオオサカホテル”に移動し、新理事長、新学校長を
    囲んで和やかな懇談会が催されました。
 
    ここに昨日の歓迎激励会の模様の頁を設けました。
    この頁は、広陵の対戦模様を紹介して行く頁にしたいと考えていますので、掲載期間は短く
    後日、「広陵20年の夏、甲子園物語」としてまとめる予定にしております。
    ですから、新大阪出迎えの歓迎激励会の頁も7日迄の掲載となります。
    よろしく・・・・・
 
  

◆◇◆関同協かわら版73号◆◇◆ 平成20年7月25日(金)発行

第90回全国高校野球 広島県代表広陵高校の対戦相手は高知高校(高知県代表)
 
 8月7日(木)の第2試合目(11:00)、広陵対高知高校(高知県代表)と決まりました。
 
 広陵は1塁側です。いつもの様に阪神高速の下の広場に10:30頃までに集合ください。
 県人会の旗、広陵の旗が目印です。
 アルプス席のキップを配布していますので受け取って、1塁側のアルプス席入口に
 向かってください。
 
 その前に、県人会事務局からもご案内が届いていると思いますが、29日13時15分着
 の“のぞみ84号”で広陵の選手達が来阪いたします。
 出迎えに行きましょう。12時半ごろ中央改札口に集合ください。県人会の旗が目印です。
 1階の団体客専用広場で激励会が行われます。
 その後、近くの“ニューオオサカホテル”にて、田中清峰新理事長と上高原悟新校長そして
 野球部部長さん達との懇談会が行われます。ぜひご出席ください。
 今年こそ昨年の借りを返して、優勝を実現して頂きましょう。
 皆さんから応援をお願いいたします。

話題の広島県人について
 
 「話題の広島県人」の頁に“飯田邦夫氏”とサカイ引越センターの“田島治子社長”の新聞
 記事を掲載しておりましたが、新聞社との契約で7月25日をもって削除いたしました。
 “飯田邦夫氏”のアクセス数は、189件、“田島治子社長”のアクセス数は1055件で
 ありました。
 ご高覧頂きありがとうございました。
 今後も、新聞に掲載された広島県人の記事をこの頁で紹介して行きます。
 

関同協かわら版72号 平成20年7月24日(木)発行

第90回全国高校野球 広島県代表 広陵高校の出迎え・激励会について
 
    わが広島県代表の広陵野球部の選手は、7月29日(火)新大阪駅
    “のぞみ84号”13時15分着11号車で来阪します。
    よって12時半までに新大阪駅の改札口にお集まり下さい。
    県人会の旗をもっておりますので分かります。
  広陵の選手達が到着後、新大阪駅の1階団体待合広場にて激励会を行い
    ます。この春就任された上高原悟新校長もお見えになります。
    激励会後、近くの「ニューオオサカホテル」で新校長はじめ野球部の部長
    さん達を囲んで懇談会を持ちます。
    新大阪駅に出迎えに来られた方なら、どなたでも自由にご出席頂けます。
    今年こそ、広陵の優勝を祈願して応援致しましょう。
 
広陵の試合について
 
    今回から地区大会で優勝した時点で組合せの抽選が行われています。
    よて、広陵は6日目の8月7日(木)の第2試合目(11:00〜)の対戦と
    決まりました。対戦相手は、明日辺りに決まると思われます。
    広陵が第1戦目に勝つと次は11日目、天候が順調なら8月12日(火)の
    第2試合目の対戦。そしてまた勝ち進めば今度は13日目の4試合目、つまり
    8月14日(木)の夕方の対戦となります。
    どの試合も広陵は1塁側です。今年の盆は甲子園で過ごすことになります。
    皆さん覚悟してください。
 

行事予定・予告のページを設けました。
    いままでは、予告や行事予定の紹介は、それぞれまちまちに掲載しておりましたが、
    本日より、近畿広島県人会、関同協の行事予定や予告を1頁にまとめたサイトを
    作成しました。
    カレンダーを主体にした行事予定・予告の一覧表形式です。
    どうか大いに互活用ください。
  

◆◇◆関同協かわら版71号◆◇◆ 平成20年7月23日(水)発行

◆第90回全国高校野球選手権<広島大会>
 7月23日(水) 決勝戦
   広  陵 12−10 総合技術
 
広島代表は広陵に決定!! おめでとうございます。
広陵同窓会近畿支部長の飯田氏は、本日ゴルフに出かけていたが
刻々と戦況が携帯に入り、ゴルフのプレーどころではなかったようです。
 
(竹が飯田氏に電話した記録です)
広陵が先攻で初回2点を入れる。
  初回から2点得点したからもう勝ったも同然じゃ。
  さあ、新大阪へ迎えに行く準備をしんさいや・・・
 
3回の裏、総合技術が3点をいれる。
  あんたがゴルフなんかやっとるから3点入れられてしもうたがな・・・
  こりゃ広陵あぶないぞ、わしゃ知らんぞ・・・・
 
4回の裏、総合技術6点もいれて2対9と点差が拡がる。
  それミィ−!6点入れられてしもうたがな・・・・
   これで勝負は決まった。今年は、もう諦めんさい。
 
5回の表、広陵の攻撃。この回総合技術“内投手”から“藤井投手”に交代。
     広陵一気に7点入れる。
  オイ、大変なこっちゃ!広陵7点入れよったぞ。9対9の同点じゃ。
  こりゃひょっとすると延長戦だぞ。ゴルフなどやっとる場合じゃないぞ。
  早う帰ってコイ!
 
6回の表、広陵2点を追加。  
  広陵、2点追加して11対9じゃ・・・2点差じゃな、まだ安心しておれんな。
 
7回、両軍とも1点づつ点を入れて12対10・・・・
  このままなんとか逃げ切れ・・・・
  ※9回の裏、総合技術の攻撃の“0”が表示されるのがまどろっこしいこと・・・・
   試合終了と同時に飯田氏の携帯に電話がかかりにくくなりました・・・
 
ま、そういうことで今年も広陵が広島県代表となりました。
 
新大阪への出迎えは、29日(火)の予定です。
詳細は追ってお知らせいたします。
新大阪駅に迎えに行きましょう。甲子園に応援に行きましょう。