差出人:                           take <ma47tt88ml@kcn.jp>

送信日時:                        2015316日月曜日 16:35

宛先:                               竹 廣

件名:                               <<<えっとえっと瓦版294>>>27-3-16発行

 

 

奈良・東大寺二月堂の松明(最終日)

毎年のことですが今年も奈良・東大寺の修二会(お水取り)の最終日14日に撮影に行きました。

今年は1264回目の法要で、天平勝宝4年(西暦752年)以来、1度も絶えることなく続けられてきた法要です。

この最終日14日のお松明は、11本の松明が二月堂の回廊に並び豪快な炎が一気に春の夜空をこがします。

私は12日の篭松明(一回り大きい松明)よりもこの最終日のお松明のオンパレードに魅力を感じます。

例によってアマチュアカメラマンの撮影場所(第二駐車場)に行、カメラを構えました。

 

カメラ:ニコンD90 レンズ:300mmズーム(撮影時140mm位) シャター:1/3秒 絞り:22で連写20カットを5

編集仕上げ:比較明合成ソフト使用 合成に使用カット36カット。

 

※撮影現場・歓談

  指定されている写真愛好家の場所は、二月堂より少し離れた第二駐車場の一角。毎年そこに集まるカメラマンは

8割方は同じ顔ぶれ。ヤアヤア・・・と親しくあ挨拶を交わしながらもみんな相手の名前を知らない、という関係。

何か変な集まりです。昨年撮った写真を持ち寄って自慢話や褒め合うのが関の山。決して何かを始めようとか何か

活動をしようとか、という考えは全くない。ほとんどのカメラマンは高齢者。定年退職金で購入したピカピカの高級

カメラを持っているのが特徴です。カメラのセッティングも何か心もとない。その点、ベテランのカメラマンは撮影

道具に特徴があります。まず折りたたみの椅子、ゴツイ三脚も年代物。そしてカメラも年代ものが多い。中には6×7

のフイルムカメラの人も居ました。

こうした多くのカメラマンを眺めながら、その人の背景を想像して時間を過ごすのも一つの時間を過ごす手です。

松明が燃え始めるまで4時間余り、このしんどさが一向に気にならないのがカメラ撮影マニアなんですね。

来年も行きます。もっといい写真を撮ってきます。

 

 ※選抜高校野球が始まりますね。今回は広島勢はお預け・・・でもカメラを担いで21日の開会式及び米子北高校(鳥取)

と22日の岡山理大付属高校(岡山)、そして25日の宇部鴻城高校(山口)の応援に行きます。

 

ではまた・・・・


Webサイト【青春讃歌・高校生アスリート達の記録】の事務局:竹廣

URL:http://do47.net/   mailma47tt88ml@kcn.jp

Tel0742-47-8074