差出人:                           take <ma47tt88ml@kcn.jp>

送信日時:                        201658日日曜日 8:09

宛先:                               竹 廣

件名:                               <<<えっとえっと瓦版318>>>H28-5-8発行

 

平成28年 熊本地震

被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

 

■第88回選抜高校野球(H28)の中国地区代表3校の試合模様をアップロードしました。

 

 3月20日から始まりました「第88回選抜高校野球」は、残念ながら広島からの出場校はなく寂しい思いを致しましたが、

せめて中国地区から出場した3校の応援・撮影に出かけました。下記のアドレスをアクセスしてご覧ください。

 

<島根>開星高校 http://simane.do47.net/28senbatu32-kaiseiko.html

 

<山口>南陽工業高校 http://yamaguchi.do47.net/28senbatu35-nan.html

 

<岡山>創志学園高校 http://okayama.do47.net/28senbatu33-sousi.html

 

 

■高校野球中国地区春季大会

 中国地区大会の出場校が決まりました。今年は鳥取県が主催県で4校の出場権が与えられています。

 6月4日から3日間、鳥取で行われます。

  <鳥取県>鳥取城北高校、鳥取西高校、倉吉東高校、境高校

  <島根県>開星高校   <広島県>崇徳高校  <山口県>早鞆高校  <岡山県>山陽高校

 

 中国大会の試合結果は当瓦版でもお知らせします。

 


義援金と支援金の違いは・・・・

 

先日、近くの総合病院に定期治療に行った時、受付カウンターの端っこに「熊本地震義援金募金」の箱が置かれていました。

ポケットにあった小銭を入れて帰りましたが・・・・編集子が購読している「産経新聞」での募金は“救援金”としています。

どう違うのだろう、と思いインターネットで検索してみました。

一般的に多くの人達は“義援金”として募金に応じているのが現状のようです。実際には義援金は数千億円集まることが予測されて

います。

義援金として寄付をしてTVや新聞等で報道されている被災者にすぐ届くと思いがちですが、これはと大きな間違いである事が

分かりました。

 

【義援金】通常は日本赤十字社に全て集められて被災者に分配されます。日本赤十字社は「公平・平等」にしなければならないため

被災者の総数、全壊・半壊の被害状況を調査の上(これが大変な作業で)、「義援金配分委員会」に掛けられて配分が決まります。

よって被災者のもとに義援金が届くのは数ヶ月から1年以上もかかることになります。

 

【支援金】は、震災地で救援活動を行っているボランティア団体、NPO/NPO等が必要だと思える人々に支給します。

また、その支援金はガソリンや食料品、おむつなどに代えて必要な人々に配られています。

“支援金”は、寄付者が私達の代りに救援活動を行っている人達へを応援する感謝の気持ちが込められています。

よって“支援金”は「公平性・平等性」は担保されません。被災地で必要されるものに使われています。

悲しいかな寄付金の多くはほとんどと言っていいほど“義援金”なのです。

NPO/NGOによる活動地域や活動内容が異なりますので、あなたの関心に合った寄付先を選べば、より支援活動を身近に

感じることができます。

 

例えば“紙おむつ”を至急送って欲しい、という悲鳴に近い要望が被災地の介護系NPOに寄せられたとすると、これを

現物で“義援金”方式で送るとなると、県や市役所の倉庫に“紙おむつ”が積み込まれるだけです。

行政は「公平・平等」でなければならないため、“紙おむつ”を必要とする人数の把握から始めます。

また“紙おむつ”が必要とする人数の数に満たない場合、追加の“紙おむつ”が倉庫に届くまで配分を待つことになります。

これは平時の時に行う活動であり、非常時の時こそ「不公平・不平等」が重要でなのです。

そこに“支援金”の意義がありボランティア団体やNPO/NGOが十分に活躍できる環境が整います。

 

被災地募金は、あなたの目的に即した団体等に届けるのが有効だと思いました。

しかし、中にはいかがわしい団体が街頭募金を行っていますので団体名をよくご確認のうえ募金に応じましょう。

 


2016-5-8

Webサイト【青春賛歌】事務局:竹廣 URLhttp://do47.net/

たけ工房URL http://web1,kcn.jp/hp57fg24

Emailma47tt88ml@kcn.jp

Tel:0742-47-874