差出人:                           take <ma47tt88ml@kcn.jp>

送信日時:                        2017103日火曜日 14:41

宛先:                               竹 廣

件名:                               <<< えっとえっと瓦版343号>>>H29-10-3発行

 

cid:image002.jpg@01D33C4F.C67892F0

    ※当瓦版は、HTML形式でご覧ください(書式設定→形式・HTMLを指定)。

 

H29年度秋季高校野球:中国5県予選大会

 来年の“春の選抜高校”を目指して中国各県予選が行われています。

 10月27日〜29日、11月4日5日に広島の“しまなみ球場”“福山市営球場”で

 中国大会が行われます。今年は広島県が主催県で4校が中国大会に出場できます。

 さて来春甲子園に駒を進めるのは・・・・・・

 

<広島県予選> 広陵高校“選抜”の夢は消え去りました。

9月30日 2回戦

      吉田高校 2−4 国際学院高校            広島商業高校 10−1 武田高校

       黒瀬高校 3−10 福山工業高校         基町高校 4−11 賀茂高校

       崇徳高校 0−5 市立呉高校               府中高校 5−14 瀬戸内高校

       因島高校 2−7 庄原実業高校            工大高校 8−7 広島工業高校

       尾道高校 6−2 広高校                    大竹高校 11−0 向原高校

       尾道商業高校 10−1 大門高校         西条農業高校 10−5 広島観音高校

       広陵高校 11−0 山陽孤高               呉港高校 4−8 盈進高校

       三次青陵高校 6−7 呉工業高校         高陽東高校 10−3 英数学館高校

 

10月1日 3回戦

       国際学院高校 7−4 広島商業高校      賀茂高校 3−4 福山工業高校

       市立呉高校 3−4 瀬戸内高校            工大高校 6−5 庄原実業高校

       大竹高校 0−5 尾道高校                 尾道商業高校 6−4 西条農業高校

       広陵高校 0−1 盈進高校                 高陽東高校 11−4 呉工業高校

 

10月7日 準々決勝戦

       国際学院高校 − 福山工業高校            瀬戸内高校 − 工大高校

       尾道高校 − 尾道商業高校                 盈進高校 − 高陽東高校

 

10月8日 準決勝戦

10月14日決勝戦

 

<岡山県予選>

9月30日 準々決勝園

       おかやま山陽高校 5−0 興譲館高校       岡山城東高校 0−5 岡山学芸館高校

       倉敷商業高校 4−0 玉島商業高校          倉敷工業高校 0−3 創志学園高校

 

10月1日 準決勝戦

       おかやま山陽高校 5−10 岡山学芸館高校   倉敷商業高校 3−1 創志学園高校

 

10月7日 決勝戦

       岡山学芸館高校 − 倉敷商業高校

 

<鳥取県予選>

9月25日 準々決勝戦

米子松蔭高校 8−1 鳥取中央高校(7回コールド)    

米子工業高校 12−22 鳥取商業高校

境高校 1−0 倉敷総合産業高校            米子北高校 8−10 鳥取城北高校

 

9月30日 準決勝戦

       米子松蔭高校 1−0 鳥取商業高校         境高校 0−5 鳥取城北高校

 

10月1日 決勝戦

       鳥取城北高校 1−4 米子松蔭高校

 

<島根県予選>

9月24日 準々決勝戦

       開星高校 10−0 益田翔陽高校            出雲工業高校 3−9 益田東高校

       大田高校 4−1 大東高校                    大社高校 0−8 石見智翠館高校

 

9月30日 準決勝戦

       開星高校 4−1 益田東高校                大田高校 0−8 石見智翠館校区

 

10月1日 決勝戦

       開星高校 6−5 石見智翠館高校

 

<山口県予選>

9月30日 準々決勝戦

       岩国商業高校 6−8 下関西高校            高川学園高校 11−2 宇部鴻城高校(7回コールド)

         早鞆高校 9−2 山口県桜ヶ丘高校          下関国際高校 12−1 柳井学園高校

 

10月1日 準決勝

       下関西高校 0−10 高川学園高校(6回コールド) 早鞆高校 1−3 下関国際高校

 

10月3日 決勝戦

       高川学園高校 − 下関国際高校

 


<高校生の野球選手は促成育成だ>

鳥取県は“米子松蔭高校” 島根県は“開星高校”が県予選代表校に決定していますが

 どの高校のチームも同じ事であると思うのですが、夏の甲子園で活躍した3年生の選手が

 大量に退部を余儀なくされております。

 今夏で決勝戦まで活躍した“広陵高校”をみると、レギュラー選手20人のうち14名が

 3年生、米子松蔭高校、開星高校なども14〜15名の3年生が退部しております。

しかし同校の選手でこの夏に甲子園で投げた投手が2年生で残っていた点が大きな力と

なっているように推察できます。

 春夏連続出場は大変なことと思います。もちろんそれを実現した高校も何校かありますが、

やはり高校3年制という教育制度に問題があるように思うのです。

 私共の同窓生である会社の経営者が語っておりましたが、高校の新卒者を採用してきたが

使い物にならない、という。目下大卒者を採用しているそうだ。

 ここで編集子が言いたいことは、高校3年制は中途半端で4年制にすべきではないだろうか、

 じっくりとした教育を実現して欲しいものです。

皆さんのご意見を伺いたいものです。(竹)

 


Webサイト“青春賛歌” http://do47.net

Webサイト“たけ工房”  http://web1.kcn.jp/hp57fg24

E-mailma47tt88ml@kcn.jp  tel0742-47-8074

竹 廣

29-10-3