差出人:                           take <ma47tt88ml@kcn.jp>

送信日時:                        2019116日水曜日 15:53

宛先:                               竹 廣

件名:                               <<<えっとえっと瓦版365>>>H31-1-16配信

 

※当瓦版は“HTML形式”でご覧ください。

また、当瓦版の配信を中止したい方は、返信メールにて“配信拒否”と明記の上送信ください。


97回全国高校サッカー選手権が終了しました。

今回初めて編集子の母校“瀬戸内高校のサッカー部”が広島代表として全国大会に出場

しました。毎年“広島皆実高校”の牙城が崩せず、全国大会への出場が夢のまた夢であり

ましたが、今回やっとその夢が実現しました。

ま、初出場でありますから1回戦、2回戦位で帰広するのではと思っていましたが、それが

あれよあれよ、と言っているうちに準決勝戦まで勝ち進み、広島は蜂の巣を突いたような大

騒ぎとなりました(ちょっとオーバーですが・・・)。

やはり全国レベルの力量は格段の差がありました。

わが“瀬戸内高校のサッカー部”にとりまして格好の教訓になったのではないかと思いま

す。全国大会の常連校として“瀬戸内高校サッカー部”が仲間入りすることを願ってやみ

ません。

  対戦スコアはhttp://hiro34.netにアップロードしました。

 


98回全国高校ラグビー

95回東京箱根往復大学駅伝 出身校別選手名鑑

などもアップロードしました。

   http://do47.net からご訪問ください。

 


<只今満身創痍です>

先号でご紹介しました様に年末に“大腸内視鏡検査”をいたしましたところ、PET撮影

(全身まるごとのレントゲン撮影)で大腸に異常のマーキングが写し出されていましたが

検査の結果、予想通り“悪性腫瘍(がん)”であることが判明しました。つまり“大腸がん”

であります。それは大腸の口径の半分を占める見事な腫瘍でありました。

来月の下旬頃切除手術を行う、と主治医は申しておりましたが、開腹手術でなく腹腔鏡手

術だそうです。腹に2〜3カ所の穴を開け手術用のパイプ突っ込みモニターを見ながら摘

出手術を行う方法で、現在最も多く採用されている手術で患者の負担が軽減される手術だ

そうです。

この大腸ガンによって私の身体の中には、前立腺の“腫瘍”、右足にできた“軟部腫瘍”

に小腸の“悪性リンパ腫”、そして今回の大腸の“悪性腫瘍”と4種類のガン細胞が潜んで

いることになります。実に賑やかな身体となりました。

編集子は81才の高齢であります故、手術後は軽い“抗がん剤”で様子を見ながら、3〜

6ヶ月毎の検査でチェックして行こう、ということらしいのでありますが、まあこうなった

ら“まな板の上の鯉”で、「もう好きなように、勝手にしてくれ・・・・」と開き直って

いる今日この頃であります。

 


瓦版の編集担当:竹廣

Webサイト:青春賛歌 http://do47.net  たけ工房 http://web1.kcn.jp/hp57fg24

E-mail:ma47tt88ml@kcn.jp    tel:0742-47-8074