撮影:半田忠博
カウンター
 牛久大仏=1993年6月完成 ブロンズ(青銅)製
 大仏立像で全高120M(像高100M、台座20M)
 立像の高さは世界で3番目ですが ブロンズ立像と
 しては世界最大・浄土真宗 東本願寺派 本山東
 本願寺によって造られた。
 所在地:茨城県牛久市久野町

 「像の基本情報」 
 ・構造:青銅板張立像 ・全高(地上高):120M 
 ・像高(本体の長さ):100M
 ・座高の高さ:20M ・総重量:4,000トン(内本体重
  量:3,000トン外被青銅版の総重量1,000トン)
 ・顔の長さ:20M ・目の長さ:2.5M
 ・口の長さ:4M
 ・鼻の長さ:1.2M ・耳の長さ:10M
 ・左掌の長さ:18M ・親指の直径:1.7M
 ・人差し指の長さ:7M ・足の爪の長さ:1M
 ・螺髪(らほつの総数:480個、1個の直径:1M 
 T個当りの重量:200キログラム)
 ・造営期間:1989年 着工、 1993年 落慶
 ・地上85Mからの眺望 遠く霞ヶ浦を望む事がで
 きます。エレベーターで昇と、ちょうど大仏の胸の
 部分あたりにある四方の窓からすばらしい景色を
 見ることが出来ます。
●かばちたれ写真倶楽部トップ頁へ     ●当頁の監理人へメール