アクセスカウンター
負けは負けで、反省点を分析しなければいけませんが、選手たちは西中国代表として立派に戦いました。胸を張っていいと信じます。
応援していた校長、副校長、父兄の皆さんや応援に来た関西居住者の方々も、皆感動していました。選手の皆さんや指導された先生方、
コ-チの方々ご苦労様でした。

残念ですが、結果は02で付属の負けでしたが、大健闘でした。
というより、押し続けていたのです。
アクシデントとしか言いようのない事態が。早大学院の6回裏攻撃時、バントヒットで一塁の時、好投のピッチャ-内田が突然天を仰いだのです。

どうしたのかと思ったら鼻血でした。少し長い治療の後、2球のウォ-ムアップの後再開直後でした。無情にもセンタ-が追いかけましたがほんの少し先を抜けて行ました。
軟式ではかなり前に守っており、ランニングホ-ムランになってしまいました。
それまでは前半は2塁3塁の場面を2度つくり、押していました。あと一本が出ていれば・・・・・・。
ピッチャ-内田君はストレ-トの威力十分、変化球も切れていました。見惚れるピッチングでした。
相棒のキャッチャ-中居君も強肩と盗塁は絶対許さないという気迫と送球スピ-ドを見せてくれました。
守備もきびきびとした、球際に強いプレ-を続け、ノ-エラ-でした。

相手ピッチャ-に足で脅威を与えていた河原君も目立ちました。選手たちは、全員2年生。これを境に勉強に打ち込むようです。

試合後昼食を食べながら63回生の戦いに、感動し続ける5回生~17回生達でした。
そのあと偶然帰ってくる選手たちと出会い、お願いをして記念写真を撮って頂きました。
有難うございました。                      (文責と写真 17回生河崎)
 

●当頁のトップに戻る         ●オリーブ会関西支部トップ頁へジャンプ       


●青春賛歌<ひろしま編>のトップ頁へジャンプ            ●当hp管理人へメール